IT資格やプログラミング講座を配信中↓↓ 

【読書苦手必見】技術書の効果的な読み方と覚え方をまとめてみる

ライフハック

技術書をせっかく買ったのなら、本の内容を正しく読み取りたいですよね。
僕は現在Webエンジニアですが、エンジニアに限らず、専門職であれば技術書で学ぶ重要性は皆さんご存知だと思います。

僕が参加しているエンジニアのコミュニティでは、技術書を読むメンバーが多く、本で学んだ内容をアウトプットしあうことが多いです。
そんな中で、よく話題に上がるのが「技術書の効果的な読み方」

僕自身、23歳まで読書の習慣がなかったので、最初は技術書を読むのがとにかく辛かったです。
ただ、何冊か本を読んでいくうちに、「技術書の効果的な読み方」がわかるようになってきました。

今回は、技術書を読むのが苦手な方向けに、僕自身が実践した効果のあった読み方をまとめていきます。

 

自分の言葉で要約する

技術書を読んでいて、記憶の定着率が一番高かった方法がこれです。

会話でも相手の話が理解できたか確認する為に、話を要約することは多々あると思いますが、それと同じ方法で本の内容を自分の言葉で要約します。
すると、自分の知識としてしっかりとアウトプット出来るので、ただ読み流すよりも記憶の定着率が格段に上がります。

何故、要約が効果あるのか。それは、著者と読者の知識量の差を埋めることが出来るからです。

「自分の言葉で要約する」という作業は、言い換えれば「自分の知識量の範囲で言語化する」ということです。
「本の内容を読み流す」という作業は、言い換えれば「著者の話をそのまま受け取る」ということです。

当然、後者では知識量の差分によって理解出来ない箇所が出てきます。

例えば、文章中に「リソース」という言葉が説明もなしに登場したとします。

もし読者がこの言葉の意味を知らずに要約した場合、「リソース」という言葉を自分なりに解釈しようとします。
その時、自分の解釈と筆者の解釈が異なっていたとしましょう。
そこに気付いた時に、初めて「リソース」という言葉の意味を正しく理解しようとします。自分で調べて、再度読み直すことでやっと文章を正しく読み取ることができます。

一方、読者がこの言葉の意味を知らずに「読み流した場合」は「リソース」という言葉に繋がる全ての文章を理解出来なくなってしまいます

つまり、「自分の言葉で要約する」ことで、自分の知識を新たに付け加えることが出来るということです。


しかし、本の内容を全て要約しようとすると、いつまでたっても読み終わりませんよね。
なので、読む前に要約するルールを自分で設けてみるといいでしょう。

僕は

  • 「1度読んでも理解出来ない」
  • 「過去の経験と照らし合わせてなるほどと納得した時」

の2点に当てはまる場合に、自分の言葉で要約するようにしています。

 

階層構造で読む

技術書は大抵論理的な文章で書かれており、読むのに時間が掛かってしまう人は多いでしょう。
まさに読解力が試される訳ですが、実は読解力がない人でも論理的な文章を簡単に、スピーディに読むコツがあります。

それは「階層構造で読む」ということです。


階層構造で読むってどういうこと?と思う方が多いと思うので、僕がこの間読んだ「Webを支える技術」3章のRESTを例にあげてみます。

Webを支える技術は初心者に難しい?要約後に読んだ感想をまとめた
Webを支える技術は初心者に難しい本と言われています。実際にどうなのか、Webエンジニア歴1年のYUUKIが読んで要約したので、 今回はWebを支える技術を読んだ感想、書評をまとめたいと思います。

 

RESTはWebのアーキテクチャスタイルです。

アーキテクチャスタイルは別名(マクロ)アーキテクチャパターンとも言い、複数のアーキテクチャに共通する性質・様式・作法あるいは流儀を指す言葉です。
アーキテクチャスタイルには、たとえば、MVC、パイプ&フィルタ、イベントシステムなどがあります。 


↑だと何言ってるかよくわからないですね。


では、これを階層構造で読んでみましょう。

RESTはWebのアーキテクチャスタイルです。
    アーキテクチャスタイルは別名(マクロ)アーキテクチャパターンとも言い
        複数のアーキテクチャに共通する
            性質
            様式
            作法 あるいは 流儀
    を指す言葉です。
アーキテクチャスタイルには、たとえば
    MVC
    パイプ&フィルタ
    イベントシステム
などがあります。 

このように、文章を親と子の関係性に分けるのです。これが階層構造です。


こうすると、「REST→Webのアーキテクチャスタイル→アーキテクチャスタイルとは複数のアーキテクチャに共通する性質・様式・作法あるいは流儀を指す→アーキテクチャスタイルにはMVCやパイプ&フィルタ、イベントシステムがある→RESTはMVCやパイプ&フィルタと同じ立ち位置のアーキテクチャスタイル」と瞬時に理解できます。

「REST=Webが持つ性質の一種」と短く読み取ってもいいでしょう。

このように、階層構造で読むことで本を読むスピードを上げることが出来ます。
これには慣れも必要ですが、頭の中で文章を階層型にイメージする訓練を続けると無意識にできます。

仕様を暗記しない

技術書を読んでいると、技術の仕様がぎっちりと詰まった図が度々出てきますが、この暗記は非効率なので止めた方がよいでしょう。

例えばWebを支える技術の10章では、HTMLの主なインライン要素が15個程上がっています。しかし、これは使う時に必要な要素を索引すればいいので、
「こんな要素があるんだな」ぐらいで読み流して構いません。

それより技術書で覚えた方がいいのは、用語の意味や技術の背景・必要な理由などの概念的な部分でしょう。
こればかりは自分の頭で理解しないと応用が効きません。

 

同ジャンルの本を複数冊読んでみる

一冊を何度も読み込むよりも、同ジャンルの本を複数冊読んだ方が記憶に定着しやすいです。

複数冊読んでいると、「この内容前に読んだわ」と思う内容が頻出するので、その際に理解を深めることが出来ます。

自分にあったスタイルで読みましょう

ここで紹介したのはあくまで僕の読み方なので、人によっては合わないかもしれません。
ただ、「本を読むのが苦手」「読書が嫌い」という人でも、読み方を工夫するだけで、読書を好きになれる可能性があります。

読書をすることで知識のベースが増え、手に取れる情報量は読んだ分だけ多くなります。
みなさんが自分なりに読み方を工夫することで、読書好きになれたら幸いです。

勉強会で聞いた!評判のプログラミングスクール3選
ポテパンキャンプ

【特長】
3ヶ月のスクール代を全額キャッシュバック!
実質無料で学べるプログラミングスクールです。

【こんな人にオススメ】
・Railsチュートリアルをやり切った
・お金はないがやる気はある
・Ruby/Railsを中心に学びたい
・初心者の域を脱したい

TECH::EXPERT

【特長】
600時間の学習!
スパルタカリキュラムで高収入な転職を実現させるプログラミングスクールです。

【こんな人にオススメ】
・最短最速でエンジニア転職したい
・今の環境をいますぐ変えたい
・お金があってやる気もある
・もう挫折したくない

DMM WEBCAMP

【特長】
転職成功率98%
基礎からプロダクト制作まで徹底したカリキュラムで学べるプログラミングスクールです。

【こんな人にオススメ】
・Web系企業に就職・転職したい
・インフラ系からスキルチェンジしたい
・短期間で集中して学びたい
・チーム開発を学びたい

ライフハック
この記事を書いた人

元専業アフィリエイター・ブロガー。
現在はWebエンジニアの26歳。
運営メディアは月間150万pvを超えたことも。

YUUKIをフォローする
シェアする
YUUKIをフォローする
YUUKIのWebエンジニア道